頻尿・子宮腺筋症・更年期の方へ
アイリスはり灸院

ツボとは

代表的なツボの一部

ツボは経穴(けいけつ)と言います。経穴は、身体全体に分布する経絡(けいらく)という線のようなものの上に点在しています。ツボはその経穴という名前の通り、穴のように少しへこんでいたり、押すとブヨブヨしていたり、ザラついていたりすることが多く、その状態は体調や症状によって変わるため、同じ人であっても毎日同じではありません。また、位置も少しずつ変わったりします。

 

ツボは、経絡という「線路」の上にある「駅」と考えるとイメージしやすいかと思います。
他の路線に乗り換えることのできる駅があるように、ツボにも他の経絡に連絡するツボがあったり、いくつかの経絡が交わるところにツボがあったりします。また、東京駅の様な大きな駅にはいろいろな用途がありますが、ツボにも様々な症状の時に使えて効果の高いツボがあります。

経絡(けいらく)とは?

身体を走る経絡の一部

経絡は、内臓と連絡している線路の様なものと考えてみましょう。
経絡は主要なもので身体の左右対称に12本ずつあり、他に身体の中心線の正面側と背中側に1本ずつあり、主要なものだけでも26本が身体中に分布しています。経絡にはそれぞれに担当する内臓諸器官があり、それが経絡の名前になっています。

 

例えば、手の太陰肺経。これは、東洋医学で考える「肺」の働きを主に担当している経絡です。
東洋医学では「肺」は呼吸を整える、発汗の調節をする、吸いこんだ空気や水分を全身にくまなく散布するなどの働きがあるとされています。
風邪などで咳やくしゃみ、痰がたまるなどの症状がある時は、「肺」の働きが低下していますので、「肺」を担当する手の太陰肺経にあるツボに鍼やお灸を施してその働きを高めます。

「気」ってどんなもの?

線路と駅・・・とくれば、もう1つは電車ですね。電車はエネルギーによって走り、駅から駅へと私達を運んでくれます。身体にとって重要な血液や水分を運んでくれるもの、それが東洋医学で考える「気」となります。
「気」は目に見えないものですが、私達人間の生命活動にとって重要な働きがあります。血液や水分を運ぶ、身体を温める、外からの病気の侵入を防ぐ、汗や排尿の調節・・・などです。

「気」は絶えず身体中を上がったり下がったり、身体から出たり入ったりして運動しています。この「気」の運動がスムーズであれば私達の身体の生理機能が正常に行われると考えます。


電車が遅れると、次の駅に人があふれてしまい駅が混雑したり、時間に遅れてしまう人が出たりとトラブルになります。電車の数が少なすぎれば電車はぎゅうぎゅう詰めの満員電車になり、電車の数が多すぎれば電車が線路で渋滞してしまいます。
この電車のように、東洋医学では「気」は多すぎず少なすぎずスムーズに運行しているのが身体にとって健康な状態と考えます。