頻尿・子宮腺筋症・更年期の方へ
アイリスはり灸院

頻尿・トイレの不快症状におすすめのツボをご紹介

頻尿・トイレの不快症状へのお灸

毎日厳しい寒さが続いております。

例年以上の寒さに冷えをより強く感じる方も

多いようです。

 

 

 

今日は頻尿・トイレの不快症状のツボを

ご紹介致します。

頻尿と一口に言ってもトイレの回数が多い

だけでなく様々な症状があります。

 

 

 

これからトイレに行けない…と思うと行きたくなる

トイレの後にすぐまた行きたいような感覚が起きる

膀胱の辺りに常に不快感を感じる

家にいると特に行きたい感覚を強く感じる

寝ている時は近くない

 

 

 

 

トイレは日常生活の様々な場面で

何かと気になる事だと思います。

 

 

 

 

 

そして、お困りの方がとても多く

当院にも頻尿で通われている方が

大変多くいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

今日はご自分でもできる

頻尿に効果の高いツボの1つを

ご紹介します。

三陰交へのお灸

こちらは「三陰交」(さんいんこう)

右足の「三陰交」の探し方をご紹介します。

 

 

 

 

右足に左の手を当てます。

場所は内くるぶしの1番高い出っ張っている

場所に小指を置きます。

 

 

 

 

 

小→薬指→中指→人差指と置いていき

足の内側の骨と人差指の交わるところ

ここが「三陰交」となります。

 

 

 

 

 

「ここで良いのかな・・・?」

と少し不安になりますね。

そんな時はツボを押してみましょう!

 

 

 

 

 

骨向かって少し押し込むような感じ

押します。

親指の腹を使うと良いでしょう。

 

 

 

 

 

「ジーン」とか「ズーン」といった

少し痛気持ち良いような響くような感覚が

あると正解です。

 

 

 

 

 

そしてその骨の近辺で同じように押してみて

下さい。

一番強く響きを感じる所が「三陰交」です。

 

 

 

 

 

「三陰交」の効果は

血流を促す

余分な水分の排出を促す

必要な体液を補充する

胃腸の機能を高める

 

 

 

 

 

といった様々な効果があります。

 

 

 

 

 

当院の鍼灸治療では「三陰交」に

鍼とお灸を組み合わせることが多いのですが、

 

 

 

 

 

余分な水分を温めながら排出させるという

より効果的な治療となります。

 

 

 

 

 

 

頻尿やトイレの不快感があり、

さらには冷えやむくみを感じる方に

最適な治療法です。

 

 

 

 

「三陰交」は比較的ご自分でも

ツボ押しやお灸がしやすい場所ですので

ぜひご自宅でも試してみて下さい。

 

 

 

 

 

そして、

お灸は灸師の指導を受けると

より良いと思います。

 

 

 

 

 

「三陰交」がご自分に合っているツボなのか?

適度な刺激量はどのくらいなのか?

などが分かると思います。

 

 

 

 

 

 

頻尿やトイレの不快症状が気になる方

頻尿のツボの治療を試してみたい方は

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

 

 

 

 

 

当院のホームページでは

頻尿のツボのページ

頻尿の鍼灸治療のページ

をご紹介しております。

 

 

 

 

 

よろしければ、ご参考下さい。

 

 

 

 

 

アイリスはり灸院

鍼灸師 赤岩優子