頻尿・子宮腺筋症・更年期の方へ
アイリスはり灸院

子宮腺筋症へのはり灸治療

血流を促す

このような方がご来院されております

生理痛が強い

経血の量が多い

手術や薬はできるだけ飲みたくない

肛門の方へつれるような痛みを感じる

当院のポイント

子宮や骨盤内の血流を促し、経血の排出をスムーズに整えることで生理痛を和らげます。

不要な「水」は骨盤内のむくみや冷えを引き起こし、生理痛の原因となることがあります。

骨盤内の調整だけでなく、身体全体のバランスを整える治療が効果を高めます。

効果的なタイミング

子宮腺筋症では排卵期から次の生理が始まるまでのおよそ2週間の間に2回程度の受けられるのがより効果的です。

また、排卵痛が起きやすい場合は排卵期の少し前にお受けいただくと痛み・不快感の予防につながります。

お困りの方へ

東洋医学では、子宮腺筋症は「お血」といって血の滞りが起きていると考えます。血が滞るのには「冷え」だけが原因ではありません。その原因となる体質を整えていくことが大切です