頻尿・子宮腺筋症・更年期の方へ
アイリスはり灸院

生理痛へのはり灸治療

生理の時には、多くの女性が少なからず、下腹部の痛み・腰の重だるさなどの症状を感じていますが、そのなかでも、日常生活に支障をきたすほどのものを「月経困難症」といいます。 多くの方が感じられているのが下腹部痛・腰痛などですが、他にも強い痛みによる吐き気や食欲不振、下痢、頭痛、眠気といった症状が同時に表れることも多くあります。これらの症状は、生理期間の間ずっと同じ状態が続くことは少なく、日が経つにつれてやわらいでいくことが多いようです。

なぜ痛みが起きるのでしょう?

機能性(重大な病気が原因でない)の生理痛についてお話を進めていきます。生理痛は、生理(月経)の時に子宮内膜から「プロスタグランジン」というホルモンが多量に分泌されるために、生理痛が起こると考えられています。

 

プロスタグランジンは、不要となった子宮内膜を排出するため子宮の収縮を起こし、外に押し出す働きを持っていますが、血流が悪いなどの何らかの原因でプロスタグランジンが過剰に分泌されてしまい、子宮が必要以上に強く収縮してしまい痛みを引き起こすと考えられています。また、プロスタグランジンには、痛み・炎症・発熱の時、その不快な神経のシグナルを増強する働きがあります。

東洋医学で考えると

東洋医学(中医学)では、生理(月経)の中心となるものを「血」(けつ)と考えます。「血」は子宮を栄養しその働きを高め妊娠への準備を整えていきますが、妊娠しなかった場合には子宮に充満した「血」などが子宮から溢れ出されます。これが生理となります。この時、栄養の不足と「血」の滞りが痛みの原因と考えます。

 

  • 【不栄則痛】(ふえいそくつう)

「血」が足りずに子宮が充分に栄養できない場合、痛みが起こりやすくなると考えます。

  • 【不通則痛】(ふつうそくつう)

「血」の流れが滞りスムーズでない場合、痛みが起こりやすくなると考えます。

鍼灸でできること

東洋医学に基づいて、生理痛の状態・体質等を問診でお聞きし、脈の状態・舌の状態と合わせて総合的にお身体の状態・生理痛の原因を見極めてます。

 東洋医学では、女性の生理(月経)の中心となっているのは「血」と、「血」をサポートする「気」の働きです。この「血」と「気」の調整を中心に鍼やお灸の治療を行います。骨盤内を中心とした調整とその方の体質を調整し、血流をスムーズにし身体の冷えを取り除いたり、めぐりを整えていきます。