頻尿・子宮腺筋症・更年期の方へ
アイリスはり灸院

内膜症・子宮腺筋症の方に多いお身体の傾向とは?

内膜症と子宮腺筋症のお灸

例年以上の酷暑が続いております。

健康な方でも体調に響く陽気ですね。

 

 

 

今日は、内膜症・子宮腺筋症の方に多い

お身体の傾向についてです。

 

 

内膜症や子宮腺筋症というと思い浮かぶのは

「血流」ですね。

 

 

 

 

 

 

東洋医学では「血」(けつ)は女性の生理や

生殖活動の本体と考えるため、

「血」の過不足や流れを大切にします。

 

 

 

 

 

 

 

特に、排卵期以降から生理までの期間は

「血」の流れが滞りやすく

「お血」という状態に傾きやすくなります。

 

 

 

 

 

 

 

内膜症や子宮腺筋症の方は特にその傾向が

強く、痛みなどの生理時の症状につながって

いるようです

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに、内膜症や子宮腺筋症に多くみられる

お身体の傾向があります。

 

 

 

 

 

 

 

それは、「水」の流れの滞りです。

「水毒」(すいどく)、「痰湿」(たんしつ)

といった言葉で表現されることが多いのですが

 

 

 

 

 

 

 

 

この「水」の流れが滞ることで

身体には様々な症状が現れます。

 

 

 

 

 

 

 

むくみが起きやすい、常にむくむ

身体が冷えやすい、温まりにくくなる

身体の芯に冷えを感じる

身体が重い、だるい

下痢や軟便になりやすい

汗をかきやすい、又は汗がかけない

など

 

 

 

 

 

 

身体の中に溜まった「水」がうまく

排出されずにとどまることで

 

 

 

 

 

 

 

「水」が変性し粘性を帯びた状態となり

排出が難しくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、体内でネバネバとした粘性を帯びた

「水」は冷えをよびこんだり、

癒着を形成するなどして生理時の強い痛み

などを引き起こす原因となると考えます。

 

 

 

 

 

 

「血」の流れと同じくらい大事な

「水」の流れ。

 

 

 

 

 

 

当院では鍼やお灸によって

「水」の排出を促して

身体に溜まりにくように導いて参ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

異常な暑さですね。

つい口当たりの良い食べ物・飲みもの

などを摂る事が多いかと思いますが

 

 

 

 

 

 

 

お身体のバランスを取ることで

体調を整えてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

鍼やお灸がお役に立てるかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

内膜症・子宮腺筋症でお困りでしたら

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

 

 

 

 

 

 

赤岩治療院(女性専用治療室)

鍼灸師:赤岩 優子