東京都渋谷区恵比寿の女性専用鍼灸院
赤岩治療院

生理痛がラクになる生理前の過ごし方とは

生理痛の鍼灸治療

生理の時に腰のだるさや重さなど

不快感を感じている方も多いですね。

 

 

 

今日は生理痛を緩和して不快な症状を

軽減する生理前の過ごし方を

ご紹介致します。


生理痛や生理の時の不快感には

生理前の過ごし方が大事になります。

 

 

 

排卵の時期を境に

女性の身体は骨盤内の環境が変化します。

 

 

 

 

東洋医学では

「気・血・津液(水分)」の流れが滞ることにより

様々な不快な症状や痛みを起こすと

考えられています。

 

 

 

 

生理のメインは「血」(けつ)となりますので

その「血」が滞ると

「お血」(流れが悪くなった古い血)という

状態が起こります。

 

 

 

 

この「血」の循環を生理までの間に

促して、滞りを改善しスムーズにしておく

ことが大事になります。

 

 

 

 

「血」の循環がスムーズな状態だと

新鮮な空気や栄養を含んだ「血」が

子宮を栄養してその働きを整えます。

 

 

 

 

不要な子宮の収縮

(経血を排出する際の子宮の動き)も

おさえられるため

生理痛が緩和される効果があります。

 

 

 

 

時期としては

排卵期から次に生理が始まる前までの

およそ2週間の間

 

 

 

 

この時期に鍼灸治療を受けられるのが

良いかと思います。

 

 

 

 

生理前は気持ちも身体も

バランスを崩しやすくなります。

 

 

 

 

気持ちの面でも

身体の面でもムリをせず

できるだけのんびりと過ごすことも

大切ですね。

 

 

 

個室で受ける鍼灸治療で

気持ちも身体もすっきりするなぁ~と

感じていただければ嬉しいです。

 

 

 

当院は女性の生理や不調の治療を専門と

しています。

赤岩治療院のホームページ」もぜひ

ご参考にしていただければと思います。

 

 

 

 

赤岩治療院 鍼灸師 赤岩優子