東京都渋谷区恵比寿の女性専用鍼灸院
赤岩治療院

頻尿に効くツボ!これでトイレが気にならない

ツボの名前

ツボの位置 ツボの探し方

中極

(ちゅうぎょく)

width= おへそから下に4寸のところ。

次髎

(じりょう)

width= 腰に手を当てるように、人指し指を腸骨に当てて、親指を後の中心を見つけます。そこから、親指を斜め下におろしたところ。仙骨の穴。

腎兪

(じんゆ)

width= 腰に手を当てるように、人指し指を左右の肋骨に当て、親指で後の中心を見つけます。そこから、左右外側に1寸5分のところ。

頻尿は、日常生活に関わる大変不快な症状です。膀胱炎前立腺肥大症などの症状が無い場合原因が分からないことが多く、頻尿に対する治療は確立されていないのが現状です。

当院では女性の頻尿改善のための専門治療を行っております。

 

20歳代~30歳代の年齢の方は、仕事や日常生活の中での忙しさやプレッシャーなどの精神的な負担から頻尿の症状がでることも多く、身体と心の緊張が尿意を起こしているケースが多くみられます。

40歳代~は膀胱炎をきっかけに起きるケースや女性ホルモンのバランスの乱れで起きる場合も少なくありません。

頻尿は、尿意という「感覚」に対して敏感になった状態です。まださほど尿量が溜まっていないのに「トイレに行きたい…」という感覚が起こります。これは、膀胱からの「感覚」を伝える神経がバランスを崩すことで起きていると考えます。膀胱や尿道といった尿を排出する部分自体には問題がないことの方が多いと感じています。

 

日常生活の中でできることは、まず身体を温め体内の循環を良くすることです。腎兪(じんゆ)は腰にあるツボで疲れがたまる場所で、押すととても気持の良い場所です。このツボを押したり、カイロを貼るなどして温めると良いでしょう。中極(ちゅうぎょく)は下腹部にあるツボです。押しても気持ち良い場所ではありませんが、頻尿では治療の時にも必ず使う効果が高いツボです。中極も温めると良いツボです。頻尿が気になる時は、下腹部や腰を温めましょう!

頻尿の鍼灸治療お客様の声