東京都渋谷区恵比寿の女性専用鍼灸院
赤岩治療院

視力回復!疲れ目の視力低下におすすめのツボ!

視力回復の鍼灸治療
ツボの名前 ツボの位置 ツボの探し方

風池

(ふうち)

width= 耳の後ろのでっぱった骨と、首の後ろの中心との中間の位置。髪の生え際で、少しくぼんでいるところ。

晴明

(せいめい)

width=

 目頭から鼻に向かって少しいったところ。目頭と鼻の骨との間の辺り。

攅竹

(さんちく)

width=

眉毛の内側の少し下。「晴明」から上に上がった辺りの小さなくぼみ。

太陽

(たいよう)

width=

眉毛の外側と目じりの中間から少し後ろに下がったところのくぼみ。こめかみの辺り。

眉中

(びちゅう)

width=

正面を見て、黒目から上に上がって眉毛の生えている少しくぼんだところ。眉毛のほぼ中央。

目を酷使していると、かすんだりハッキリと見えなくなってくることがありますね。パソコンやスマートフォンなどの画面を一定の距離で見続けると、目の水晶体の厚さを調節している筋肉が緊張し続け目の疲れや眼精疲労・頭痛・首・肩のこりにもつながります。目を閉じて、視力回復に効果的なツボ押しで目を休めてあげましょう!目の周りや眉毛にあるツボは、視力回復に優れた効果があります。目を閉じながら、「じ~ん」と痛気持ち良い程度に刺激します。指の腹を使って、眼球を押さないように注意しましょう。ツボを押しながら、小さな円を描くように小さくクルクルと刺激するのも効果的です。「風池」は、目の疲れからくる頭痛・首こり・肩こりにも効果があります。指で押すよりも、テニスボールを使って刺激する方法がお勧めです。ツボ押しのつぼのページを是非ご覧ください。

当院2階 「眼精疲労治療室」のご案内

眼精疲労のための鍼灸マッサージ治療

赤岩治療院2階の眼精疲労治療室では、鍼灸師:赤岩聡が眼精疲労の治療を専門に鍼灸とマッサージの治療をおこなっております。目の疲れ・眼精疲労の症状をはじめ、頭痛・肩こり・吐き気の症状などでお悩みの方は、是非一度ご相談ください。

眼精疲労の症状
鍼灸で眼精疲労が回復した