東京都渋谷区恵比寿の女性専用鍼灸院
赤岩治療院

自分でできる!片頭痛をツボで治す方法

ツボの名前

ツボの位置 ツボの探し方

丘墟

(きゅうきょ)

width= 外側のくるぶしを指先に向かってたどり、少し下に下がったところ。つま先を上に向けた時にへこむところ。

足臨泣

(あしりんきゅう)

width= 足の薬指と小指の間を指先の方からたどって骨と骨がぶつかるところの少し手前のへこんだところ。

陽陵泉

(ようりょうせん)

width= 膝を90度に曲げると膝の外側にポコッと出ている骨があります。ここから膝に向けて前にたどり、少し下に下がったところのへこんだところです。

片頭痛は、その痛みの発作が起きてしまうと市販の鎮痛剤では効果があまり感じられない方が多いようです。痛みの持続は数時間から2,3日続くこともあり、音や光に過敏になったり、横になっていても眠れない辛い症状です。普段から、首や肩の緊張を定期的にほぐしておくことが予防として効果がありますが、片頭痛の痛みが起きたときは痛みのある頭やこめかみなどはあまりさわらずに、手や足などの頭から少し離れた場所にあるツボを押してみましょう!暗めの静かな部屋で横になって休み、気持ち良いと感じる位にアイスパックなどで患部を冷やすのも効果があります。

片頭痛が起きた時は、頭や首回りなどを刺激すると逆に悪化することもありますので、頭から離れた足を少し強めの刺激で押してみましょう!ツボ押しのツボを参考に、呼吸とツボ押しを合わせると効果的です。