東京都渋谷区恵比寿の女性専用鍼灸院
赤岩治療院

更年期障害

「更年期」とは、卵巣の働きが衰え始め女性ホルモンの産生が急に少なくなってくる期間のことで、閉経の前後5年づつと考えられています。日本人女性の閉経の平均年齢は50歳くらいですので、およそ45歳~55歳くらいの10年間が一般的な更年期と考えられています。

更年期に現れる様々な症状のことを「更年期症状」といい、更年期症状によって日常生活に支障が起きる程になると「更年期障害」といいます。

更年期障害への当院の鍼灸治療の特徴

女性鍼灸師による専門治療

更年期障害への女性鍼灸師による鍼灸治療

当院の治療は女性鍼灸師による更年期障害の専門治療です。更年期の様々な症状には女性ならではの繊細できめ細やかな治療でお迎えしております。同じ女性同士ですので、緊張感なくより安心して治療をお受けいただき、心も体もラクに解放していただければと思っております。


自律神経や女性ホルモンの乱れを整える

「更年期」は女性の身体が変化していく期間です。まるで身体と心がバラバラになってしまったかのように「今までと違う…」と感じる方も多いのではないでしょうか。 

当院の鍼灸治療では身体と心の調律を整えるように、自律神経の乱れ女性ホルモンの乱れを整えながらお身体全体のバランスを整えていく治療です。

更年期障害のツボで効果的に治療

更年期障害のツボへの鍼灸治療

更年期の症状の治療では、東洋医学に基づいて更年期障害のツボへ効果的な鍼とお灸で治療します。また、お一人おひとりの症状や体質に合わせて治療するツボを変えるなどきめ細やかな治療でより効果的な治療内容です。


更年期障害の改善に大切なこととは

体内のバランスの乱れを整えること

下のイラストでは体内の熱の偏りを表しています。左側の絵は頭部や上半身が赤くなっています。これは更年期には身体の熱が身体の上の方にあがりやすいことを示しています。顔のほてり・顔の多汗・イライラ感・不眠などが起こりやすくなります。

一方足元にかけては青くなっています。身体の熱が上にあがってしまっているために足や腰が冷えやすくなります。顔や上半身がほてったように熱く感じたり汗をかいたりするため、お腹や腰・足の冷えを感じられなくなってしまう方も多くみられます。

鍼灸治療による体内バランスの調整

気持ちを大切にすること

更年期に起きる症状はお一人おひとりに「違い」があります。このため「こんな症状は自分だけではないか…」という不安を感じる方も多いようです。また今まで経験したことがないような症状にショックを受けたり、戸惑ってしまう方もいらっしゃいます。更年期は気持ちのアンバランスが積み重なることで、症状が悪化したり体調を乱す原因になることが多くあります。

気持ちを大切にすること

当院には更年期の症状で辛く感じ、多くの方がご来院されています。お一人で不安を抱えずに、ぜひご相談いただければと思います。当院はベッド1台の個室の治療院ですので、気になることを気兼ねなくお話しいただける環境です。


気持ち良い治療であること

更年期障害の治療ではお一人おひとの気持ちを大切にしたいという思いから、できるだけ気持ち良い治療と感じていただければと思っております。当院で治療を受けられた方からは

 

「治療中はウトウトと気持ちよく眠ってしまいそうでした。」

「こちらに来るとリラックスして不安が和らぎます。」
「家でゆったりと休んでいるかのような感覚です。」

といったお声をいただいております。

お客様の声のページでは、他にも多くの方のお声をご紹介しております。ぜひご覧ください。

更年期障害の症状とは

このような症状でお困りではありませんか?

更年期の初期によくみられる症状

生理の変化 生理周期が不規則になる・なかなか終わらない・生理期間が短くなる・経血量が減る・経血量が増える…など
気持ちの変化 気分の落ち込み・不安を感じやすくなる・イライラ感・やる気が起きない・疲れを感じやすい…など
身体の変化

眠りに入り辛い・眠れない・動悸・息切れ・めまい・頭痛・肩や首のこり感…など。他に自律神経の乱れで起こる様々な症状が起こります。

自律神経失調症のページへ

更年期の中期~よくみられる症状

泌尿器系の変化 頻尿・残尿感・膀胱の辺りの違和感・尿もれ…など
粘膜の変化 膣のヒリヒリ感、痛み・細菌性膣炎・萎縮性膣炎・口の渇き、ネバつき…など
筋肉・骨の変化

尿もれ・子宮脱・関節の痛み・骨折をしやすくなる・足、腰のだるさ…など