東京都渋谷区恵比寿の女性専用鍼灸院
赤岩治療院

子宮腺筋症の生理痛を緩和するツボ!

ツボの名前 ツボの位置 ツボの探し方

三陰交

(さんいんこう)

width= 内側のくるぶしから上に3寸上がったところ。骨の際にあります。

関元

(かんげん)

width= おへそから下に向かって3寸下がったところ。

次髎

(じりょう)

width= 腰に手を当てるように、人指し指を腸骨に当てて、親指を後の中心を見つけます。そこから、親指を斜め下におろしたところ。仙骨の穴。

子宮腺筋症による生理痛を緩和するには、生理前にツボ押しをしたり温めたりするのがお勧めです。「三陰交」は、女性の症状に良く使われるツボです。滞った血流を良くする働きや下腹部の張りにも効果があります。お風呂で温まりながらや入浴後身体の温まっている時に、骨際のくぼみを骨に向かってジワーという感覚を感じながら押してみましょう。「関元」は、押すというより温めるといいでしょう。生理痛で辛い時は、「関元」を目安にカイロを貼るのがお勧めです。「次髎」は、ツボ押しのつぼを参考にテニスボールなどで刺激するとやりやすいです。「次髎」の辺りも温めると生理痛の緩和になります。