東京都渋谷区恵比寿の女性専用鍼灸院
赤岩治療院

子宮腺筋症の症状の改善には当院の鍼灸治療を

当院には、病院で子宮腺筋症と診断されて薬による治療か手術のどちらかの選択を迫られて「どちらも選びたくない…」との思いでご来院される方や妊娠を希望されている方に多くご来院いただいております。

子宮腺筋症の当院の鍼灸治療の特徴

女性鍼灸師による治療

当院は子宮腺筋症の鍼灸治療を専門としております。

子宮腺筋症の治療では下腹部や腰周りなども治療するため、女性鍼灸師による治療でより緊張感なく安心して治療を受けていただければと思います。

女性ならではの気になる症状も気兼ねなくご相談ください。


東洋医学に基づいた治療

  • 「気」の流れを良くする:体内の循環を促す・気持ちをラクにする
  • 「瘀血」(おけつ)を取る:「血」のめぐりを良くして「血」の滞りを改善
  • 「水」の排出を良くする:冷え・むくみの改善
  • 体質を整える:お身体全体のバランスを調整

子宮腺筋症のツボへの効果的な鍼灸治療

東洋医学では子宮腺筋症を「血」のめぐりが悪い状態と考えます。 この状態を「瘀血」(おけつ)と言ます。治療では「瘀血」を改善する治療として「腎」(じん)「肝」(かん)「脾」(ひ)等の、女性の生理活動や「血」に関係の深い経絡のツボ子宮や骨盤内に通じるツボに鍼・お灸を組み合わせ、子宮や骨盤内の状態を整えます。

子宮腺筋症の鍼灸治療の様子

生理周期に合わせた専門の治療

当院では子宮腺筋症という症状への治療に合わせて、患者さんの体質も診てお身体全体を治療します。お一人おひとりに本当に合う最適なツボへの鍼灸治療で子宮腺筋症の改善により効果的な治療内容となっております。女性は基本的な体質の傾向が生理周期によっても変化します。その変化が穏やかで身体も心も気持ちよく過ごせるよう、きめ細やかな治療を考えております。

子宮腺筋症はなぜ生理痛が強くなるのでしょうか?

子宮腺筋症とは、通常子宮内にある子宮の内膜が、何らかの原因で子宮の筋層の中へ入り込む病気です。生理の時に、子宮の内膜からだけでなく筋層の中に入り込んだ内膜からも出血する為、子宮の筋肉が刺激を受け非常に強い痛み過多月経(経血量が多いこと)がみられるのが特徴です。

子宮腺筋症のメカニズム

内膜から出血した後は「瘢痕化」(はんこんか)といって傷が治った時にできるかさぶたのような硬い組織に変化します。生理の度に”内膜からの出血→瘢痕化”が繰り返えされるため、子宮の筋層が通常よりも厚く硬くなっていきます。それにより子宮の筋層が硬い状態となるため、生理の時に経血を外に出そうとする子宮の収縮の働きがスムーズにいかず強い痛みが起きると考えられています。

子宮の壁(筋層)は本来伸縮性の高い筋肉でできています。妊娠時には胎児の大きさに合わせて伸びることができるほどなのですが、瘢痕化して硬いかさぶたの様な組織になると伸縮性が悪くなってしまいます。また進行性の症状で、時間の経過によって症状が強くなっていく傾向があるといわれています。

子宮腺筋症を改善するために大切なこととは

体内のバランスを整えること

子宮腺筋症という症状があっても、生理の時の痛みは毎月同じではありません。子宮腺筋症の原因はわかっていませんが、食事や運動などライフスタイルが大きく影響しているように感じています。実際に、食事の内容を変えたり運動を取り入れることで痛みがより緩和されたという患者さんも多くいらっしゃいます。子宮腺筋症の改善のためには、体内の様々なバランスを整えていくことが大事だと思います。

鍼灸は体内のバランスを整えるのが得意です。女性ホルモンや生理周期・自律神経のバランスによって体調が左右されやすい女性にお役に立てる治療です。妊娠・出産・更年期など変化していく女性の身体や心のバランスを傾きすぎないように整えていくことで、健やかな毎日を送っていただけるよう治療しております。

 

子宮腺筋症のお客様の声