東京都渋谷区恵比寿の女性専用鍼灸院
赤岩治療院

下痢・胃痛・過敏性腸症候群に効くツボはこれ!

ツボの名前 ツボの位置 ツボの探し方

関元

(かんげん)

width= おへそから3寸下がったところ。

天枢

(てんすう)

width= おへその外側に2寸のところ。

梁丘

(りょうきゅう)

width=

 足を伸ばして、膝に力を入れると出来る膝の上の外側の溝の辺りで、膝蓋骨(ひざのお皿)の外側の上の角から上に向かって2寸のところ。

裏内庭

(うらないてい)

width=  足の裏で、足の人指し指と中指の間の付け根のぷくっとしているところで、少し人指し指よりのところ。

急な下痢の症状に困った時は、「梁丘」を押しましょう!お腹の痛みなどが辛い時は、呼吸が早く浅くなりがちです。少しずつでも呼吸を整えるように意識して、吐く息の時にしっかりと刺激を感じる程度に押しましょう。便がゆるくなったり、下痢になりやすい人は、症状がない時にもツボ押しで腸の働きを整えるようにすると良いですよ。お勧めは、湯船につかりながらお腹のツボを時計回りに順番に優しく押していきます。お腹の冷えが気になる人は、「関元」のツボを目安にカイロで温めるのも良い方法です。下痢の時は、温かくカフェインの無いもので水分を補給することも大切です。