東京都渋谷区恵比寿の女性専用鍼灸院
赤岩治療院

カッピング

カッピング

カッピングは、数千年の歴史がある中国の民間療法の一つです。

カッピングは、今でも、中国では多くの方に愛されています。

また、世界各地でも古くから親しまれており、

カッピング・吸い玉・すいだま・吸角・バンキーなど、

さまざまな呼び方があります。

カッピングとは

カッピングは、古くは動物の角や竹などを使って行われていましたが、現在は、ガラス製のものやプラスチックのものが使われております。カッピング容器の中の気圧を下げて、皮膚に密着させる療法です。皮膚にピッタリとくっついたカッピングの強力な吸引力が深部まで届き、毛細血管を広げるため血液が流れやすくなります。血液循環が良くなることで、老廃物の排出を促します。また、筋肉の疲労物質とされる乳酸や血管内のコレステロールを洗い出す為、筋肉のコリや痛み、動脈硬化の予防や改善にも効果があると考えられています。

 

東洋医学では、血液の滞りを「瘀血」(おけつ)と言い、筋肉のコリや痛み・内臓の不調の原因と考えています。特に、女性の生理周期では排卵期~月経開始までの間にこの「瘀血」の状態が起こりやすく、下腹部の痛み、張り、肩のコリ・頭痛などの月経前緊張症の症状があらわれます。吸い玉療法は、この「瘀血」と取るのに、大変有効な治療法と考えられています。

カッピングの効果

  • 血行を良くする
  • 老廃物の排出を促して、血液をきれいにする
  • 免疫力を高める
  • 内臓の働きを良くし、消化・吸収・排泄の機能を高める
  • 自律神経のバランスを整える
  • 強力な吸着力によるマッサージ効果で、筋肉のこりや痛みの緩和
  • 瘀血(おけつ)の改善による、婦人科疾患・生理痛・生理不順の改善

当院のカッピング

当院のカッピングは、ガラス製の吸い玉の中を火を使って陰圧にし皮膚に吸着させる原始的なより効果の高い方法です。(火を使うといっても、熱くはありません)東洋医学に基づき、身体にある、内臓に対応するツボや経絡に吸い玉を吸着させることで、便秘・下痢などの胃腸の不調・自律神経の乱れ・生理痛・子宮内膜症などの婦人科の症状に効果的なカッピングです。

  • カッピングは、オプションメニューとなりますので、鍼灸治療とあわせてお受けいただいております。カッピング20分(料金2,000円)

カッピング治療の様子

カッピングのガラス容器
  • 当院では、ガラス製のカッピングを使用しております。ガラス製は、衛生面に優れており、適度な重みが心地よく感じられます。
  • カッピングには、いろいろな大きさのものがあります。カッピングを吸着する場所・ツボによって使い分けします。

カッピング治療の様子
  • カッピングを肩~腰にかけて吸着した様子です。
  • カッピングの吸引力によって、皮膚が赤く盛り上がります。
  • 筋肉のこりや痛み、内臓の不調、血流の改善など、症状や目的によってカッピングの場所を変えます。 

カッピング中リラックスの時間
  • カッピングを着けてから15分程度お休みいただきます。
  • 心地よい吸引力で、リラックスの時間です。
  • 吸引力の強さは、体質や皮膚の状態などに合わせて調節しております。

カッピングを取り外す様子
  • カッピングをとりはずすところです。

カッピングの跡が赤くなっています。
  • カッピングを取り外した後です。吸着した部分は丸く赤くなっています。
  • 血流の悪い場所・症状の強さによってこの色の出方に変化があります。薄い赤~濃く黒っぽい赤まで様々です。
  • このカッピングの跡は、色の出方によって消えるまでの期間が変わります。4、5日~時間がかかる場合で2週間ほどです。必ず消えますのでご安心ください。