東京都渋谷区恵比寿の女性専用鍼灸院
赤岩治療院

足のむくみ・疲れにを解消するツボはこれ!

ツボの名前 ツボの位置 ツボの探し方

三陰交

(さんいんこう)

width= 内側のくるぶしから上に3寸上がったところ。骨の際にあります。

腎兪

(じんゆ)

width=

 腰に手を当てるように、人指し指を左右の肋骨に当て、親指で後の中心を見つけます。そこから、左右外側に1寸5分のところ。

湧泉

(ゆうせん)

width=  足の裏のほぼ中心にあります。かかとの方から指で触っていって最もへこんでいるところ。

夕方や立ち仕事の後は、足がむくんでパンパンになって靴が朝よりもきつく感じたり、足が重くだるくなることがありますね。東洋医学では、余分な水分のことを「痰湿」(たんしつ)といいます。この「痰湿」は、ほっておくと足の頑固な冷えの原因になります。なるべくその日のうちにむくみは解消したいですね。普段から足の冷えが気になっているなら「三陰交」がお勧めです。骨際にあるツボなので、骨にむかってジーンという感覚を感じる場所を探してみましょう。温めるとより効果がありますので、お風呂で温まりながらやお灸もお勧めです。足も疲れて、身体全体も疲れきってしまったら「湧泉」疲れているときにツボ押しするのもおっくう・・・という方は、ボルフボールを持っていると良いですよ。ツボの辺りにゴルフボールを当てて、ゴロゴロ転がしながら刺激します。これなら座りながらでもできるので楽ですね。普段から身体のむくみやおもだるさを感じているなら「腎兪」身体の元気を補ってくれるツボです。腰が疲れた~という時につい手が伸びる場所ですね。こちらは、テニスボールを使うと楽に気持ち良く刺激できます。詳しくはツボ押しのつぼをご参照ください。