東京都渋谷区恵比寿の女性専用鍼灸院
赤岩治療院

足のむくみ解消!鍼灸治療の効果

「むくみ」というと、”夕方の足のような状態”というイメージをお持ちの方も多いようですがむくみは、足だけではなく、手・顔・内臓など、身体のどの部分にもおこる可能性があります。むくみの正体は、身体を作っている細胞・組織の間に余分な水分(体液)がたまっている状態です。

むくみの原因

なぜ、むくみが起こるのか?

私たちの身体の中を走る毛細血管からは、常に少量の体液が漏れ出ていて、この体液によって細胞や組織に栄養が運ばれています。さらに毛細血管には、身体にとっての不要な物や水分を、再び毛細血管内に取り込む働きがあります。

また、リンパ管という不要な体液を吸収してくれる働きもあり、通常はむくみが起きないような構造・働きが私たちの身体にはあります。

ところが病気などが原因で、毛細血管からの漏れだす体液量が増える、毛細血管への取り込み(再吸収)がうまくできない、リンパ管の働きが悪くなる・・・などで、余分な水分(体液)が細胞・組織、特に、皮膚や皮下組織にたまってしまうのです。

全身におきるむくみ

  • 心臓の働きが悪くなることでおきる(心不全など)
  • 腎臓の働きが悪くなることでおきる(急性・慢性腎炎、ネフローゼ症候群、急性・慢性腎不全)
  • 肝臓の働きが悪くなることでおきる(肝硬変など)
  • その他に・・・甲状腺機能の低下、薬によるもの、妊娠にともなうもの、アレルギー、炎症、原因不明のむくみもあります。

部分的におきるむくみ

  • 静脈の働きが悪くなることでおきる(静脈瘤、深部静脈弁機能不全症、深部静脈血栓症、肺塞栓症(エコノミークラス症候群)、全身麻酔での手術後の合併症
  • リンパの働きが悪くなることでおきる(原因不明、手術の後)

むくみには、心臓・腎臓・肝臓などの内臓疾患が原因のものもあり、注意が必要なむくみもあります。いつもと違うむくみや長期的なむくみが気になりましたら、一度、病院を受診することをお勧めいたします。

当院の治療

「むくみ」は、身体の余分な水分がたまっている状態です。鍼灸治療では、このたまった水分の流れの排出を促し、水分がたまりにくい状態にしていきます。

むくみが起きやすい方は、「冷え」「血流の悪さ」といった状態を伴うことが多く、実際むくみでお困りの患者さんの多くは「足が冷える」「立ち仕事で足が疲れやすい」という自覚症状をお持ちです。

鍼灸治療では、水分の流れを促す治療の他に、症状や体質に合わせて選んだツボに鍼・お灸をすることにより、冷えや血流を改善するむくみに効果の高い治療を行っております。

東洋医学での「むくみ」の考え方

東洋医学では、五臓六腑のどこにむくみの原因があるかを深く診ていきます。

むくみの原因である水分の代謝に関係の深い「腎」(じん)・「膀胱」(ぼうこう)・「肺」(はい)、湿に関係の深い「脾」(ひ)などを中心に、その働きを整えていく治療です。

脾気虚(ひききょ)タイプ 疲れやすい・お腹の調子をこわしやすい・体力がない・疲れがたまっている
脾陽虚(ひようきょ)タイプ 寒がり・全身の冷えを感じる・身体がだるい・腹部が冷えて痛む

痰濁(たんだく)or

痰湿(たんしつ)タイプ

胃のつかえ感・痰が多い・身体が重くだるい・全身の冷え

鍼灸治療の効果の出やすい症状

一過性のむくみ(夕方になると足がむくむ・立ち仕事で足が疲れやすい・足の冷えを感じる・足がぱんぱんになる・・・など)は鍼灸治療の効果が出やすい症状です。また、特に女性は女性ホルモンのバランスによって、生理前・生理中などはむくみが起きやすくなります。他に、頭皮のむくみによって、まぶた・顔のむくみや頭が重いなどの症状がでることもあります。

むくみの症状でお困りでしたら、一度鍼灸治療を試してみてはいかがでしょうか。どうぞお気軽に、ご相談ください。

2018年

1月

29日

血流アップとむくみへの吸い玉療法

血流アップとむくみへの吸い玉療法

こんにちは!

陽射しの強さが少しずつ増してきて

春の気配も感じられますね。

 

 

 

今日は当院の吸い玉療法について

ご紹介して参ります。

続きを読む

2017年

11月

24日

生理痛への当院の鍼灸治療と吸い玉療法をご紹介します。

吸い玉療法

今年は冬の訪れが早いですね。

朝晩の冷え込みも厳しく感じられます。

 

 

 

今日は当院の生理痛の治療で

吸い玉療法のご紹介を致します。

続きを読む

2017年

7月

04日

むくみ・重だるさへの鍼灸治療

むくみの鍼灸治療

梅雨に入り、お天気が不安定ですね。

湿度が高いこの時期は体調を乱す方も多いようです。

 

 

今日は、むくみや体の重だるさの鍼灸治療について

お話ししたいと思います。

続きを読む