東京都渋谷区恵比寿の女性専用鍼灸院
赤岩治療院

鍼灸治療Q&A

Q:鍼は痛いですか?

A:当院で治療に使用している鍼は、とてもやわらかく、細さは髪の毛ほどの細さです。「はり」というと、注射針や縫い針などをイメージされる方も多いようですが、その構造から違っています。鍼灸治療で使用する鍼は、鍼の先が皮膚に刺しても痛みが出にくいように工夫された形に作られています。「痛み」の感じ方は個人差が大きいことと、場所によっても感じ方が違う為、文章でお伝えするのは難しいところではありますが、当院で初めて鍼灸治療を受けられた方のほとんどの方が「思っていたよりも痛くなかった!」と安心されたご様子で、「もっと早く来れば良かった」というご感想をいただいております。また、鍼には、「じわ~」「ず~ん」といった鍼特有の「ひびき」という感覚があります。とても心地良く眠くなったりする方が多いですが、お客様の感じ方によって調節しながら治療しておりますので、どうぞご安心ください。

Q:生理の時に鍼灸治療を受けても大丈夫ですか?

A:基本的には生理の時に鍼灸治療を受けても問題ありません。

ただ、生理前から生理間は感覚が敏感になる方が多いようです。鍼やお灸の刺激が強く感じる方もいらっしゃいますので、気になる方は生理のタイミングを避けた方が良いかと思います。

Q:治療を受けた後に注意することはありますか?

A:鍼灸には、身体の血液循環を良くする効果があります。鍼灸治療を初めて受けた方、前回の治療から間隔があいている方は、次の事にご注意ください。

  • 入浴:普段よりも短時間かシャワーなどで軽めにすませる。
  • 飲酒:できれば控えていただく。(お酒がまわりやすい状態です)
  • 運動:激しい運動はお控いただく。

なお、鍼灸治療を受けた後、眠たいようなダルさを感じることがあります。循環が良くなった為に起こる症状で心配な症状ではありません。治療の後は、できれば早めにお休みいただいた方が、治療の効果もあがります。

Q:治療の時には着替えが必要ですか?

鍼灸治療の時の着替え

A:治療の時に必要な着替えは、当院でご用意しておりますので、普段の服装でご来院下さい。

Q:漢方や薬の服用をしていますが、大丈夫ですか?

A:漢方や薬の服用と鍼灸治療を併用されても、基本的に問題ありません。鍼灸治療を併用されることで、むしろ症状の改善を早めたり、薬の副作用が軽減するなどの相乗効果が多くみられます。当院には、漢方や薬を服用されながら治療を受けられている患者さんが多くご来院されております。また、薬をできるだけ飲まないようにしたいという方も多くいらっしゃいます。ご心配がありましたら、お気軽にご相談下さい。

Q:鍼灸治療の間隔は、どのくらいで受ければ良いですか?

A:症状によって、治療の間隔は変わってきます。

例えば、急性で症状や痛みが強い場合は、1週間に1~2回と治療の間隔をあまりあけない方が効果があがります。

慢性の肩こりや腰痛などでは、コリや痛みがピークになる少し前に、治療を受けた方が良いと思います。また、子宮内膜症・子宮腺筋症や生理痛でお困りの方は、生理の周期に合わせた治療がより効果的です。症状の強さや状態によって変わってきますので、どうぞお気軽にご相談下さい。

Q:鍼で病気に感染することはないですか?

鍼灸治療で使う鍼とシャーレ

A:当院で使用する鍼・シャーレ(鍼を置くお皿)は、全てディスポーザブル

(一回ごとの使い捨て)です。また、手指の消毒は、消毒法に基づいて行っておりますので、感染等の心配は全くございません。患者さんの治療をさせていただくのは、厚生労働省認定国家資格である、はり師・きゅう師両免許を取得した者です。

当院は、渋谷区保健所に届け出済みの施設です。安心してご利用下さい。